不動産トラブルを解決する際には、物件に関する調査報告書が必要となる場合があります。物件の現状調査に加え、各種運営プランの検討、中期収益計画立案を作成することで、スムーズな解決が期待できます。

例えば、金利3.5%の物件の現状調査データ(Excel)をご覧ください。

この現状調査データを基に、中期(5年)アクションプラン、中期収益計画立案作成等の調査報告書を作成します。

調査委員の募集

日本住宅性能検査協会の調査基準に従い、適切な調査を行う宅建士・一級建築士を募集しております。

調査費用

  • 費用は直接調査委員にお支払い下さい
  • 日本住宅性能検査協会は、相談費用や調査費用等は受け取りません。全て無料です。

中期収支計画の一例

物件の調査報告書の例