ADR対策室のロビー活動

昨年度11月ですが、当ADR対策室は、金融庁担当者と面談をし、債務免除益課税の問題提起を行ないました。また、ADR対策室のロビー活動の一環ですが、衆議院財務金融委員会において、衆議院宮本徹議員から麻生国務大臣等に元本カットによる債務免除益課税の是非についての質問をして頂きました。これでこの問題は政府及び行政ともに共有されました。

金融庁モニタリングを実施

金融庁は改善計画の進捗及び改善状況の確認をするため、不動産ADR等の調停進捗度を月一程度で、モニタリングを実施することになっています(金融庁担当者より)

国税局対応

販売会社(チャネル)への対応

販売会社損害賠償請求申立について

質の保たれた生活環境維持

 

【参考】

*衆議院財務金融委員会議事録
https://adr.sltcc.info/wp/wp-content/uploads/2018/12/181210.pdf

*「衆議院財務金融委員会」で質疑応答(プレスリリース)
https://www.value-press.com/pressrelease/213464

*シェアハウス等トラブル相談センター
https://adr.sltcc.info/

 

 

NPO法人日本住宅性能検査協会
不動産ADR調停案作成検討委員会